ウッドチップリサイクルシステムWood Chip Recycle System

ウッドチップリサイクルシステムは、伐採工事や剪定工事で発生する幹以外の、
これまで有効利用されていなかった枝葉や下草、根株や竹などの樹木廃棄物を 森林資源として100%再利用するシステムです。
今まで焼却処分されていた不用材を破砕チップ化・有効活用し、資源として自然に還します。
完全循環型社会とゼロ・エミッションを追求する、無公害のシステムです。

ウッドチップリサイクルシステム

伐採を行った際にでた樹木廃棄物をチップ化して100%資源として再利用

ウッドチップへの加工について

ウッドチップの活用場面

エコ法枠工法

傾斜地の地盤保護性能が向上します。地盤が安定する2~3年後には、法枠そのものが自然に分解されます。

詳しく見る

バークブロワ工法

法面散布、マルチング材、残地森林の保護材など破砕した樹木廃棄物を用いることで、環境保全にも力を発揮します。

詳しく見る

フィルターソックス工法

破砕した樹木廃棄物を専用のソックスに充填し、フィルター、土砂流出防止、小規模土留等、様々な用途に利用できます。

詳しく見る

濁水浄化システム

竹ソダ・竹チップから作ったフィルターで工事排水をろ過し、川の水質汚濁を防ぎます。
竹ソダ竹チップによる濁水対策は㈱鈴鍵の特許工法です。特許第2948469

詳しく見る

チップマルチング

破砕したチップを植栽の根元や歩経路等に敷きつめます。植栽部の蒸散防止や景観アップ、そして歩き心地が良くなります。

ウィードロック工法

木質成型舗装材「ウィードロック」
ウッドチップを同じく木から抽出した樹脂で固形化した100%リサイクル素材です。

詳しく見る

土壌改良材の製造

植栽工事用の土壌改良材として利用します。