中部森林開発研究会Chubu Forwar Reserch & Development Association

中部森林開発研究会は、昭和58年に森林を通じての
環境保全と将来の林業の活性化をはかるため、
若手後継者の育成を目指し「中部は一つ」を合言葉に設立されました。
それまで、伐採工事や林業に伴って発生した伐採木のうち、
柱材や紙の原料など従来利用されていた
幹以外の枝葉、根株、下草などはその場で焼却されるか、
そのまま埋め立てられるか、あるいは野積みのまま放置されるのが当たり前の状態でした。

 中部森林開発研究会は、それらもすべて森林資源としてとらえ、大型破砕機で全量チップ化し、
100%有効利活用するべくウッドチップリサイクルシステムを開発しました。
最初は試行錯誤しながら、ホコリ抑えや森林や農園にマルチングするうちに次第に仲間も増え、
現在14支部約110社の会員を有する組織となりました。
当研究会は地域の生態系の回復を目指し、水と緑の環境作りをテーマに
「ウッドチップリサイクルシステム」を提案しています。

2017年度事業予定

日付 事業 会場
5月23日(火)~26日(金)

2017New環境展
※本年度は中森研としての出展はありません。

東京都
東京ビックサイト
6月7日(水)

平成29年度矢作川環境技術研究会
定時総会・公開研究発表会
出展予定

愛知県
名古屋キャッスルプラザホテル
7月4日(火)

平成29年 第12回 建設トップランナーフォーラム
地域建設業は想定外の災害にどう備えるか
下記ホームページからお申し込みください。
http://www.kentop.org/

東京都千代田区
イイノホールRoom A
7月5日(水)

平成29年度役員・支部長合同会議

愛知県
名鉄トヨタホテル
7月6日(木)

愛知県
名鉄トヨタホテル平成29年度定時総会
第一部 定時総会  (会員のみ)
受付    10:30~
総会    11:00~11:40
第二部 事例発表及び基調講演
受付    12:30~
事例発表会 13:00~17:00
基調講演  林野庁次長 沖修司 様

第二部は、どなたでもご参加いただけます。
詳細は、添付ファイル(PDF)をご参照ください。

第二部事例発表会 →詳細を見る
※この講習会は、全国土木施工管理技士連合会CPDS
学習プログラムに登録しています。
登録番号427000「4unit」
受講証明書ご希望の方は、申込書の氏名の下に
「証明書希望」と明記してください。当日は本人確認
できるCPDS技術者証等を持参してください。

愛知県
名鉄トヨタホテル
7月7日(金)

第2回中森研親睦ゴルフコンペ

愛知県
京和カントリー
9月5日(火)~6日(水)

伐採雑木の多面的活用講習会 in青森県支部

青森県
弘前市・五所川原市
11月19日(日)~20日(月)

2017森林・林業・環境機械展示実演会
※本年度は中森研としての出展はありません。

香川県坂出市
「番の州臨海工業団地」

活動報告

シミズアカデミー開催 清水建設㈱技術研究所

平成29年3月23日

CONEXPO CON/AGG 2017 視察

平成29年3月5日~10日

アメリカ合衆国 ネバダ州 ラスベガスコンベンションセンター

世界三大機械展である、ドイツのBaurna、フランスのIntermat、アメリカのConexpo
1年ごとに開催されるので、ラスベガスでは3年に1回となる機械展です。

矢作川改修促進期成同盟会設立50周年記念式典 出席

平成29年1月31日

岡崎市図書館交流プラザ 1階 りぶらホール

平成28年度伐採雑木の多面的活用講習会(下山バークパーク)

平成28年11月3日~4日

講習会内容
・中森研の取り組み・30年の歩み
・伐採雑木の多面的活用
・矢作川流域における取組について
・バークブロワBB1216による実演・体験及びフィルターソックス工法
・大型造成工事現場視察
・生態系ネットワークの取り組み
・最終考査試験

2016森林・林業・環境機械展示実演会 日本キャタピラーブースにて出展協力

平成28年10月9日~10日

京都府福知山

愛知県産業廃棄物協会

平成28年8月2日

夏休み親子で環境・資源リサイクル体験ツアー 三河コースにて
下山バークパーク視察 ウッドチップリサイクルシステム見学

中森研第1回親睦ゴルフコンペ 京和カントリー倶楽部

平成28年7月23日

中部森林開発研究会平成28年度定時総会 ~「中森研のチャレンジ!森林を通じての環境保全!!」~

平成28年7月22日

事例発表
①「造成工事に伴う支障木の再利用」
中国四国支部 東洋電化工業㈱ 和田浩幸

②「土木工事現場の汚濁対策に竹ソダを利用した仮設沈砂池の濁水低減効果の事例」
愛知県本部 ㈱太陽機構 野田賢司

③「バークブロワによる法面保護」
愛知県本部 ㈱岡崎グリーン 伊藤拓矢

④「フィルターソックスの活用事例紹介」
愛知県本部 ㈱鈴鍵 丹羽庸介

⑤「農業におけるウッドチップリサイクルシステムの取り組み」
利用部会長 ㈲ウェイ 細田洋介

⑥「森林再生・農業・馬育成の津軽振興」
青森県支部 ㈱竹内組 木村洋一

⑦「バイオマス発電の実践事例」
岐阜県支部 山友木材㈱ 多治見崇明

⑧「高性能林業機械の紹介」
愛知県本部 日本キャタピラー 牧野大和

⑨「環境関連研究開発の取組み」
相談役 清水建設㈱技術研究所 中村健二

中部森林開発研究会平成28年度役員・支部長合同会議(名鉄トヨタホテル)

平成28年7月21日

水は生きている2016 ~清流を守り濁水に挑んで30年、そして未来へ ~矢作川方式とともに~

平成28年6月3日

矢作川環境技術研究会定時総会・公開研究発表会
濁水模型等展示協力  (名古屋キャッスルプラザホテル)